モテない理由は男として見られていないから

中野区在住、現在28歳。
都内の某A大学を卒業し、
某企業にて広告の営業をしている。

凄く良い訳でもなく、
悪い訳でもなく普通の人生だ。

僕なりに頑張ってきたと思う。

友達も少なくなく、
週末は今でも地元やサークルの
友人と飲みに行く。

kameo0501 / Pixabay

たまに合コンもして、
連絡先を交換、
そのあと飲みに行ったり、
女友達もいる。
だが、
みんなそこから発展しない。

僕は気付いた。
女の子と二人で飲みに行っても、
いつも「女の子悩み相談」。
仕事や恋愛の悩みのマシンガントーク。

聞き上手はモテるとよく言うが、
お会計はいつも僕。
これはボランティアか?!

Wokandapix / Pixabay

女の子を恋愛対象として
見ていない訳ではない、
僕もいつも淡い期待をもって
出かけている。

しかし、女の子のマシンガントークを
目の当たりにするうちに
そんな気がなくなるのだ。

いつも
ああいう女の子はモテないな。
僕のタイプじゃないな。
で帰っていた。

そんな帰り道、
ふらっとひとりで立ち寄った
バーで40ぐらいの美魔女に出会った。

ink_lee0 / Pixabay

その女性に
あなたは、男して見られてないのよ
とズバッと言われた。

その言葉が、
スーと腑に落ちた。

僕はいわゆる「ただの良い人」だったのだ。

今までの自分に笑えてきた。
お人好しの自分に。

優しい、聞き上手はモテる条件に
入っているが、ただの良い人になっても
ダメなんだ。

あの、バーで出会った
美魔女といつかまた飲みたいな。

今年の目標は、
男として見てもらえる自分になる事。

Loading Facebook Comments ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です